人工授精(受精)

人工授精(受精)を検討する前に試したい”国内未発売”最先端・高性能の排卵日検査器

人工授精の成功確率、かかる費用・負担

人工授精によって妊娠する確率は5~10%と、それほど高くありません。これは自然妊娠の場合と比べると約半分の確率となっています。

「人工授精でも妊娠できないとなると、そうとう重い不妊症なのだろう」という印象を持つ方も多いと思いますが、せいぜい10%の確率と聞くと妊娠するのがなかなか難しいのは当然でしょう。

それに、“人工授精”を考えている方は、おそらく次の段階である“体外受精”、さらにその次の次の段階である“顕微授精”とイメージが混ざってしまっているのかもしれません。

“人工授精”は卵子を採取したり卵子に直接精子を注入したりせず、採取した精子を子宮に送り込むだけの処置です。その点が人工的ではありますが、受精・着床するかどうかはご本人の体にお任せなので自然妊娠にとても近い方法となっています。

だからこそ体にかかる負担は少なく、副作用もほぼ心配ないと言われており、比較的チャレンジしやすい不妊治療なのです。

この人工授精では、6回目までには多くの方が妊娠すると言われています。一般的に回数を経るごとに妊娠確率が下がると言われていますから、それ以降は体外受精に切り替えるなど方針を変える方が多いようです。

人工受精の処置は1回あたり20,000円前後が相場になっていますので、かかる費用としては、「妊娠に成功する・しない」に関わらず20,000円×6回分≒120,000円程度の費用が上限となるでしょう。

人工授精のメリット・デメリット

人工授精はどういったご夫婦に適しているかというと、まず基本的なものとして性交が上手にできない場合です。つまり、旦那さんに勃起障害があるとか射精障害があるといった場合。

ご夫婦のどちらも健康なのに、何かしらの理由で性交ができず妊娠できないという場合は、人工授精は有効です。

性交はできるが精子の質があまり良くなく、運動率が悪いとか数が少ないと言う場合もあるでしょう。その他、何らかの理由で精子が子宮頸管粘液を通過できない場合も人工授精が有効なケースとして考えられます。

精子の運動量が足りないことが原因のこともありますが、女性の頸管に抗精子抗体(精子に対するアレルギー反応のようなもの)があり、精子を攻撃してしまうということもあります。

これらの障害を取り除くために人工授精を行うメリットはあるのですが、それでも妊娠成功の確率が特段高くなる訳ではありませんし、他の妊娠を妨げる要因に対しては効果がまったくないと言っても過言ではありません。

よって単純に、「もしタイミング療法で妊娠できなかったら人工授精をすれば良い」という訳でもないのです。人工授精に適したパターンでなければ、妊娠の確率は上がりません。

人工授精は身体的なデメリットとして目立ったものはありませんが、まだ「不妊治療や外科的な処置をしてでも子供を授かろう」と考えている訳ではないのでしたら、まずは排卵のタイミングをしっかり押さえて妊活に励むことが先決です。

これはいわゆる“タイミング療法”ですが、出来ているつもりでもキチンと上手に出来ていないケースが多いのです。

「タイミングなんて測ったことないけどなかなか妊娠しないから不妊治療が必要かなぁ…」と考えている方は、まずはタイミング療法の見直しを徹底しましょう。

排卵のタイミングってどう調べている?

排卵のタイミングを知る方法はいくつかあります。まずは、生理周期から割り出す方法。

これは女性の感覚に頼るところが大きく正確ではないかもしれませんが、「生理周期はとても安定しているし、排卵痛もあるから排卵の時期は分かる」という方もいます。基礎体温計でリズムを確認している方もいらっしゃるかもしれません。

次に、排卵検査薬を使う方法。

これは簡易な検査ですが、排卵前に上昇するという“黄体形成ホルモン”を察知して妊娠に適したタイミングである排卵の1~2日前を知ることができ、妊活には有効かつ基本的な方法です。

最後に、病院に行って卵胞検査を行い排卵を予測すること。

こちらはかなり正確に排卵のタイミングを知ることができますが、いちいち病院に行かなければならないというデメリットがあります。

排卵日は調べているけれどなかなか妊娠しないという方の中には、“病院に行く=不妊治療を行う”という認識があって、「何となく避けたい」という方もいるかもしれません。

そこで、「妊娠しにくいかなって思うけど、不妊治療は少し大袈裟な気がする。病院に行ってみたい気もするけれどなんだか怖いし、いきなり人工授精の話しになったらどうしよう…。」という方に試していただきたい排卵検査法があります。

それが、「クリアブルー」という道具を使った方法なのです。

クリアブルーで確実に上がる妊娠の確率

一言でまとめると、「クリアブルー」はご家庭で出来るもっとも妊娠の確率を高めることができる排卵日検査器です。

排卵検査薬と同じように尿で排卵のタイミングを知ることができるのですが、クリアブルー排卵日検査器は一般の排卵検査薬とは違い“黄体形成ホルモン”と“エストロゲン”の2つのホルモンの変化を追うことで、より正確に排卵時期を特定することが可能な精密機器です。

黄体形成ホルモンより早く上昇するエストロゲンを追うことで排卵の5日程前から反応が表れて、もっとも妊娠しやすい日がディスプレイに「low」「high」「peak」と表示されますから、表示通りにタイミングを取るだけ。

1周期の間に2回はタイミングが取れるのも、妊娠の確率を上げることに貢献してくれます(今までは月に1回しかなかったチャンスが倍の2回になるということ)。

また、タイミング法でなかなかうまくいかないという方は、排卵検査薬では排卵を知るのが直前すぎて旦那さんとの時間や気持ちのタイミングが合わないということが多いようです。

旦那さんにしても急に「今日が排卵日」と言われても、仕事の都合はもちろんですが、「実は昨日射精したばっかりで…」という場合もあるはず。妊活中でも自慰の習慣は変わらないという方は多いのです。

5~6日前からタイミングを把握していれば、仕事はもちろん射精のコントロールにもゆとりができますから、クリアブルー排卵日検査器はそういった“旦那さんのコンディションを整える”という意味でも妊娠確率を最大限に上げることができるサポートアイテムなのです。

とは言えなかなか高価な商品ですので、全ての方におすすめできる商品ではありません。

自然妊娠にこだわりたいという方や排卵検査薬の急な反応に不便を感じている方。また、「もしかしたら病院にかからなきゃかも…」という不安や心配のある方にこそ、本格的な不妊治療を検討する前の最後の手段として、是非このクリアブルー排卵日検査器を一度試していただきたいと思います。

HOMEへ戻る