人工授精と体外受精

人工授精(受精)を検討する前に試したい”国内未発売”最先端・高性能の排卵日検査器

人工授精と体外受精の違い

赤ちゃんを授かりたいと望んでいるのになかなか妊娠することができなくて不妊治療を受けるという方は年々増えてきていますが、不妊治療についてあまり詳しくは知らないという方も多いかと思います。不妊治療に関してはいつ何時自分の身に起こることか分からないものですから、知識として知っておいて損はしないかと思います。

そもそも不妊症というのは避妊をせずに定期的な性交渉があるにもかかわらず2年以上妊娠に至らないという状態を言うものですが、妊娠に至らない要因は人それぞれで異なるものですし、いくつもの要因が複雑に絡み合っているという場合も少なくありません。

妊娠に至らない要因を見つけ、それを解消するのが不妊治療ではありますが、最終的には妊娠、出産というのが治療を受ける側の求めるものですし、最終的な願いであり望みだと言えるかと思います。

不妊治療は問診から始まり、タイミング法で妊娠可能かどうかを試し、しばらく経っても妊娠に至らない場合に人工授精へと治療の段階を進めていきますし、それでも難しい場合には体外受精へと治療方法を移行していく形になります。

不妊治療について詳しく勉強されている方だと人工授精と体外受精の違いというのはご存知な場合が多いものですが、詳しく知らない方の場合だと何が違うのかよく分からないという方もいらっしゃるかと思います。

人工授精と体外受精の違いは、そんなに小難しいものではなく、人工的に授精を促すか体外で受精卵を作って体内に戻して着床を待つかの違いになります。

人工授精は、精液を遠心分離器にかけ、優良な精子だけを取り出し、卵子と受精しやすくなる場所にカテーテルを使って戻してあげる方法です。人工とは銘打ってますが、これはごくごく自然妊娠に近い状態で妊娠することが可能な方法だと言えます。

それに対して体外受精は、精液を遠心分離機にかけて優良な精子だけを取り出すところまでは人工授精と同じですが、精子と同様に子宮内から卵子も取り出し、子宮外で精子と受精させ、受精卵となった状態で子宮内に戻し、着床するのを待つという方法になります。

この方法の違いによって人工授精、体外受精と呼び名が変わる訳ですが、妊娠する可能性は人工授精よりも体外受精の方が高くなります。そうはいっても体外受精を行ったからといって100%の妊娠を望めるものでもないので、多くの方が期待するほどの妊娠成功率ではないということも覚えておく必要があると言えそうです。

人工授精も体外受精も保険適用外の治療方法になりますから、かかる費用は医療機関ごとによって異なります。実際にこれらの方法で治療を受けようと思ったら、各医療機関にしっかりと問い合わせて、費用面のことも考えておくのが良さそうです。

HOMEへ戻る