人工授精の費用

人工授精(受精)を検討する前に試したい”国内未発売”最先端・高性能の排卵日検査器

人工授精はどの程度の費用がかかる?

不妊治療をこれから始めようと思っている人や不妊症かもしれないという人にとって気になるのはかかる費用面ではないかと思います。不妊治療には長い時間が必要だということは多くの方が既にご存知のことかと思いますが、費用面に関しては詳しくは知らないという方も多いかと思います。

不妊症と分かった時点で不妊治療は始まるものですが、不妊の原因を調べていくことと並行して、タイミング療法を行っていくというのが一般的な不妊治療と言えるかと思います。タイミング療法を治療として行う段階というのは不妊治療の中でも初期の段階と言え、この初期の段階の治療は全て保険が適用されますので、費用としては風邪などで通院するのと同様に数百円から数千円程度で済みます。

タイミング療法をしばらく行ってみても、なかなかうまく妊娠できないという場合には次の段階に入っていきます。次の段階というと人工授精ですね。体外受精という方法もありますが、人工授精を次のステップに持ってくるのが一般的です。

ただし、ここから先の不妊治療は全て保険適用外の自由診療になってきますから、かかる費用は一気にぐっと上がっていってしまいます。自由診療のあまり嬉しくない部分でもありますが、人工授精にかかる費用というのは医療機関によって異なりますから、選んだ医療機関によっては安く済む場合もありますし、逆に高額になってしまうという場合もあります。

人工授精は1回あたり1万円~3万円程度というのが相場のようですが、その中でも1万5千円前後という医療機関が多いようです。医療機関の立地条件や設備の良し悪し、スタッフの充実度合の違いなどによって各医療機関ごと治療費を設定しているようですから、行く前にその医療機関のホームページなどで下調べをしておくのもいいかもしれません。

人工授精は痛みもほとんどなく、身体的負担も少ないため、妊娠するまで何度でも受けることが可能です。しかも、自然妊娠に近い状態で妊娠することが可能ですから、人工授精という呼び名ではありますが、自然妊娠と言ってもいいくらいの治療方法とも言えます。

人工授精は4回程度での妊娠成功率が90%だと言われてますから、4回の人工授精を目安にしてかかる費用を計算して準備しておくと安心と言えそうです。ただし、排卵誘発剤などの薬を使う場合もあり、その場合には薬代もかかってきますので、単純計算プラス少し上乗せ程度で考えておくと良さそうです。

ただ、残念なことに4回人工授精を行ってもうまく妊娠に至らないという場合もあり、その場合は医療機関の医師の判断になりますが、10回程度まで行ってみて、それでもうまくいかない時は次のステップである体外受精へと行く形になります。

HOMEへ戻る